• 中村哲也

2020年初走り

2020年1月3日に今年の初走りを行いました!

ニューイヤー駅伝や箱根駅伝を見て、自分も頑張らないといけないと強く思いました。


【ランニング記録】

気温:7度 湿度:59%

コース:2キロ周回コース(30mのアップダウン)

走行距離:25キロ(今シーズン4回目の25キロ走)

タイム:2時間21分11秒(5分39秒/キロ)


条件が良かったことから終盤も余裕があり、最後の1キロは4分38秒(下り)で走りました。


【どうやってサブ4を達成するか】

2019年12月8日に奈良マラソンを走り4時間16分52秒だったので、2020年2月9日の愛媛マラソンでサブ4(4時間切り)を達成するのは容易なことではありません。

17分の時間をどうやって短縮できるか、いろいろ考えました。


①走力をつける(8分短縮)

2か月の間で長い距離を走り筋持久力を高めます。

12月は過去最高の175キロを走りました。1月は下旬ごろから奈良マラソンの調整期間に入るので、多くは走れないかもしれませんが、12月と同様に175キロ程度は走りたいと思います。


②2か月の間に2キロ体重を落とす(6分短縮)

1キロ体重を落とすことでマラソンのタイムが3分速くなると言われています。2キロ落とすことで6分の短縮を見込めます。


③コース(3分短縮)

奈良マラソンは高低差が激しく記録が出にくいと言われています。実際、過去の奈良マラソンと愛媛マラソンのサブ4を達成した人の割合を確認したことろ、愛媛マラソンのほうが高くなっています。

サブ4付近の人では、同じ順位(%)なら3~4分ほど愛媛マラソンのほうが速く走っています(7年間を調べました。)よって、同じレベルでも愛媛マラソンは奈良マラソンより3分は速く走れるはずです。


やはり、私にとってサブ4は平坦な道ではありません。

だから、やりがいがあり目指したいと思うのです!!!

閲覧数:150回0件のコメント

最新記事

すべて表示